スポンサーリンク

【2017年の抱負】今年の漢字一文字は「演」、自分の役割を演じきる年にする

2017年の漢字は「演」 毎年、年末年始に漢字1文字で一年の抱負を決めて来ました。 【2014年の抱負】・・・

【ビジネス】 5W1Hで超簡単な企画書を作る方法

5W1H。 ここ最近、正式なプレゼンを作成する前にまとめる「企画骨子」の段階で使っているフレームワークだ。・・・

人前で「配役」を演じ切るための3つのコツ

人前で話すのはなかなか大変 仕事がら、セミナーの講師やイベントの司会進行をすることが増えてきました。 もとも・・・

「巨人の肩の上に立つ」ということ(Stand on the shoulders of giants)

「巨人の肩の上に立つ」とは何か 僕の上司は学術的に研究された理論やモデル、フレームワークなどをよく引用しながら話を・・・

【本】「ロジカル・シンキング -論理的な思考と構成のスキル-」(感想・要約)

本書の概要 書名:「ロジカル・シンキング -論理的な思考と構成のスキル-」 著者:照屋華子、岡田恵子・・・

【Googleに学ぶ】「心理的安全性」が組織を活性化する(Psychological Safety)

Googleの記事が話題になった あのグーグルが苦心して発見!社員の生産性を高める唯一の方法は「Let I・・・

「課題解決」の「課題」とは何か(Task? Assignment? Question? Issue?)

ビジネスにおいてよく「課題解決」という表現が使われる 「課題解決」のためには、よい「課題設定」が必要と・・・

「ありがとう」と「ごめんね」がほんとに大事(Thanks for existing in my little galaxy.)

夫婦って面白いなーと思います。つねづね。 すごく仲がいい時もあれば、すごく仲が悪い時もあって。どうせ一つ屋・・・

40代のスキルアップは「同質化」「差別化」の同時並行で実現する

以前、社内の情報シェア会で、スマホアプリのリニューアルがうまくいき、アプリストアランキングで競合アプリを抜き去っ・・・

【本】「人を助けるとはどういうことか -本当の協力関係をつくる7つの法則-」(エドガー・H・シャイン)

本書の概要 「人を助けるとはどういうことか -本当の協力関係をつくる7つの法則-」を読んだ ・・・

「人の気持ちがわかる人」になるには(People person)

最近、もっと人の気持ちにならないといけないな、とよく思います。 大人の男として、また仕事がら人や組織に寄り・・・

【対話手法】オープン・スペース・テクノロジー(OST)とは?

概要 対話のフレームワークの1つ 参加者自らが話し合うテーマや進め方を決める手法 やり方 ・・・

「株式会社俺」とは(ORE Inc.)

金井壽宏さんの「組織改革のビジョン」から、自分と組織の関係を円で描くとどうなるか、という話が出てくるのでご紹介し・・・

「Doable(ドゥアブル)」と「Deliverable(デリバラブル)」について

人事領域の言葉で「Doable(ドゥアブル)」と「Deliverable(デリバラブル)」というものがあります。・・・

「組織開発(OD)」と「人材開発(HRD)」の相似形について(Fractal)

別記事でこんなこと(↓)を書きましたが、 実際、人(人材開発)や組織(組織開発)の話をしていると、・・・

「適応は適応力を阻害する」から「孤独を生きろ」(Adaptation precludes adaptability)

金井壽宏さんの「組織変革のビジョン」で紹介されたカール・E・ワイクの言葉に「適応は適応力を阻害する」というも・・・

「ミッション」と「ビジョン」はどちらが上位概念か(Mission,Vision)

組織が目指す方向を表したものに「ミッション」と「ビジョン」がある。 ミッション = 果たすべき役割、使命、任務 ・・・

【組織開発・人材開発】「開発(Development)」の意味

組織開発や人材開発というと何やら当事者でも本人でもない人が無理やり相手を変えるイメージがあるがそうではない ・・・

「神様」は宇宙か、自分の魂か(Tat Tvam Asi)

自力で見つけよう 神様 ‐スピッツ「運命の人」より 自己啓発関連の本を読んでいると「神様」や「神様的ななにか・・・

【アドラー心理学】「自己受容」とは何か(Proprioception)

ありのまま、等身大の自分を受け入れること

スポンサーリンク
AD




AD