【2015年の抱負】今年の漢字一文字は「動」、行動力で道を切り拓く年にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★このブログ自分ハックについて( ⇒ 初めてお越しの方へ

ugoku2015_3




大晦日なもんで来年一年の抱負を考えた

いやー大晦日ですね。いよいよ2014年も残すところ今日一日となりました。皆さんは大晦日、どんな風に過ごされてますでしょうか。

僕は今年の振り返りと来年の抱負みたいなことを考えてみました。抱負といえば、以前こんな記事を書いています。

我ながらなかなかいいこと書いてるな~と思うと同時に、書いておきながら出来ていないこともあるな~という感じですが、そこは「不完全主義でいく!」( ⇒ 詳細はこちら )ということでww

今日ある程度考えることで「1.元旦に書かない」「2.大方針だけ決める」「4.周囲に表明」「5.常に手元に持っておく」あたりは今日達成しています。

「2.大方針」については、毎年その年のテーマとなる漢字一文字を決めています。

記事にもある通り2013年は「捨」でした。余計なものを捨ててシンプルにフォーカスしていこうとしていた時期です。

また今年2014年は「勝」でした。あえて勝ち負けにこだわって、勝負所では勝ちにいく一年にしようと思いました。

※2016年、2017年はこちら

結果的に仕事でも想定以上の成果を出すことができましたし、家庭も引き続き円満ですし、ブログも知人への公開など新しい挑戦をしながら無事一年間続けることができ、まさに自分に「勝」った一年となりました。

これもひとえに周囲の皆さんのおかげだと感じ入りつつ、出発点として宣言していたことの重要性も感じるこの頃です。

やっぱり言霊ってあるんでしょうね。書いたり宣言したりするとやっぱり夢とか目標っていうのは断然叶いやすくなることがわかりますね。

2015年の漢字は「動」、仕事もプライベートも「動く」年にする

ugoku2015_2

でもって、来年の漢字一文字は「動」でいこうと思っています。

2015年はとにかく「動く」一年にしようかと。具体的にはこんなイメージです。

1.自分の言「動」に集中する → シンプルにやるべきことをやる。自分課題と人の課題を切り分ける。

2.まず「動」いてみる → とりあえず動き始めてみる。始めながら修正する。悩まずに考える。

3.行「動」で示す → 考えを行動にうつす。言葉でわかってもらおうとせず、行動と結果でわかってもらう。

2014年はいろいろ目標を達成できてとってもいい年だったんですが、後半は考えすぎて立ち止まることが増えてしまいました。なので、この局面を乗り越える意味で決めました。

「馬鹿の考え、休むに似たり」じゃないですけれど、立ち止まって考えてもあまりいいことなかったんですよね。特に僕は止まって考えるの、あんまり向いてないみたいでw(馬鹿ってことかw)

なので、2015年は「とにかく動く」「走りながら考える」を大事にしていきます。。

仕事面では、率先して目の前のことをやる人になろうと思います。

マネジメント的な仕事が増えて自分のことがおろそかになっていたので、人にとやかく言う前にまず自分で動く人間でいます。(もともとそういうタイプだったのに最近できてなかったなと。反省。)

家庭生活でも、率先して貢献できる人間になります。

奥さんにも「ごちゃごちゃ考える前にまず行動!」とか言われてますので。そんなに考えてるイメージあるのかな。あるんだろうな。ま、とにかくやります。

個人活動ではブログと運動ですね。

考える前にまず手を動かす。記事を書く。そしていよいよ僕も39歳、健康のための運動も本格化します。家の近くを走るのが中心になりますが。

動きながら考える。いや、正しく考えるためにこそ動きまくる!

(・・とどこかの誰かが言っていたのを見かけました。すみません、パクらせてもらいます)

そんな「動く」一年にします。

大晦日は来年に向けた助走の日!

冒頭の記事にも書いたとおり、一年の計は元旦・・ではなく年末にあり、ということで今日は2014年の大晦日ですが、さっそく来年の目標に取り掛かり始めました。

  • 家事は普段以上に率先してやりました(風呂掃除、トイレ掃除・・・って、大掃除の一環なんで当たり前ですがw)
  • ブログもこの記事のことを思いついたのですぐ書き始めました
  • 奥さんがTVを観ながら「この店行きたい~」って言うから「今日行こうか?」と提案してみました(奥さんのしらけた顔が返ってきました)
  • 軽く走りに行く予定です(予定かよ!超ひさしぶりなので「早めの散歩」くらいでしょうが・・)

そんなわけで、今日は「まず動く2015年」に向けた「助走の日」とします。

ugoku2015_1

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD