【人材開発】コルブの「経験学習」モデルとは何か(Kolb’s experiential learning theory)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keikengakushu




大人は「経験」から学ぶ

  • アメリカの研究機関の調査結果によると、大人の学習効果の70%は仕事経験から、20%は他者の観察やフィードバックから、そして10%が研修や読書などのインプットから得ているという(7:2:1の法則)
  • 人から教えられたこと、研修や読書で学んだことも大事だが、それ以上に経験から学んでいることが多いということ

コルブの「経験学習」モデルとは

  • 僕の勤務先でも「経験学習」を人材開発の軸に置いている
  • 「経験学習」とは仕事の上の成功・失敗体験を学びに変えて、改善に活かす人材開発手法のことで、組織行動学者のデービッド・コルブが提唱したモデル
  • 「経験学習」は「業務」「経験」「内省」「持論化」という4つのステップのサイクルを回す
  • 「業務」とは「実践」や「積極的な実験」のこと
  • 「経験」とは「具体的な成功・失敗体験」のこと
  • 内省」とは「省察(せいさつ)」「ふりかえり」のこと
  • 「持論化」とは「概念化」「セオリー化」のこと
  • 特に、経験学習を効果的なものにするためには深い「内省ふりかえり」が不可欠

「経験から学び続けること」が人と組織を強くする

  • 業務そのものが価値を生むだけでなく、業務からの学びが今後の業務改善に繋がることから、ビジネス視点からみても投資対効果の高い取り組みといえる
  • 近年は個人だけでなく、組織としての経験学習も注目されている
  • 人も組織も学び続けることが重要な時代だけれど、何よりも日々の経験を学びに変えることこそがパフォーマンスを引き上げるための最短コースとなる
  • 「経験学習」のもう1つの効能は、挑戦がすべて学びに変わるということ
  • 「挑戦の先には成功と学びしかない」という言葉の通り、人も組織も失敗を恐れることなく次の経験に向かっていくために有効な考え方だといえる

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD