【人材開発】コルブの「経験学習」モデルとは何か?(Kolb’s experiential learning theory)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keikengakushu

  • 職場で「経験学習」を推進している
  • 経験学習」とは仕事の上の成功・失敗体験を学びに変えて、改善に活かす人材開発手法のことで、組織行動学者のデービッド・コルブが提唱したモデル
  • 経験学習は」具体的には以下4つのステップのサイクルを回す
    • 「業務」 ※「実践」「積極的な実験」
    • 「経験」 ※「具体的な成功・失敗体験」
    • 内省」 ※「省察(せいさつ)」「ふりかえり
    • 「持論化」 ※「概念化」「セオリー化」
  • 業務そのものが価値を生むだけでなく、業務からの学びが今後の業務改善に繋がることから、ビジネス視点からみても投資対効果の高い取り組みといえる
  • 近年は個人だけでなく、組織としての経験学習も注目されている
スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD