研修は「食べもの」だ!バランスよく提供しよう。摂取しよう。

研修は「食べもの」だ!バランスよく提供しよう。摂取しよう。

小学一年生の娘の公開授業(昔は授業参観って言ってましたよね)があったので、奥さんと3歳の息子と3人で小学校に行ってきました。

まずは、体育館で歌や楽器演奏を発表する音楽祭が行われたあとは、教室で授業風景を見学させてもらえるという流れでした。

一生懸命に歌を歌ったり、楽器を演奏したり、手を挙げて発表したり。まだ小学一年生とはいえ立派になったものだなと、我が子ながら感心してしまいます。

僕は仕事で研修などを手がけている関係もあり、人が何かを教えていることそのもの、人が何かを学んでいることそのものについても、興味深く観察させてもらうことができました。

会社で行われる研修も学校で行われる授業も、何かしらの心構えやマインド、知識やスキル、仲間とともに学ぶ楽しさを提供しているという点において、根は同じだと思うからです。

公開授業は「漢字・カタカナ」の授業のあとで、「学活」の授業に移りました。

学活は日常生活や学校生活についての学習をする時間のようで、今日のテーマは「食べもの」。

普段食べている食物を栄養素別に分類してみようという内容で、先生が黒板に3つの栄養素の分類を書いた紙を張り出します。

  1. 「ねつやちからになる」
  2. 「ちやにくをつくる」
  3. 「からだのちょうしをととのえる」

の3つ。

そして、以下の食物がそれぞれどこに入るか、考えてみようという問題でした。

  • もやし
  • ほうれん草
  • 豚肉
  • じゃがいも
  • しらたき
  • 米(ごはん)
  • 牛乳
  • にんじん
  • たまねぎ
  • ししゃも

わかります?大人でも難しい気がする・・・。 ※答えは記事の一番下に書いておきます。

子どもたちは3~4人の班にわかれて話し合いながら考えます。

どの班もなかなか健闘していましたが、全問正解の班はどうやらいないようでした。

その様子を眺めながら、僕は全然別のことを考えてしまいました。

この3つの要素って、研修で扱われるテーマそのものに似ているなということです。

つまり、

  1. 「ねつやちからになる」」(心構えやマインドを醸成する
  2. 「ちやにくをつくる」(具体的なスキル・知識を身につける
  3. 「からだのちょうしをととのえる」(仲間とともに学ぶ楽しさを感じる

ということになるんじゃないかなということです。

少しこじつけっぽい感じもありつつ、研修って「食べもの」に似ているな、という考え方はそんなに筋が悪くないんじゃないかと思いました。

授業の最後で先生が答え合わせをしたあとに、生徒を代表して一人の女の子が授業の感想を発表しています。

「どの食べものも、それぞれ栄養があるから、好き嫌いしないで食べようと思いました」

うむ。

研修も同じように、提供側はバランスよく提供することが必要だし、参加者側はバランスよく摂取することが大事だな、とあらためて。

それでは、また。

 

<問題の答え>

1.「ねつやちからになる」(炭水化物や資質のこと)
→米(ごはん)、じゃがいも、ごま

2.「ちやにくをつくる」(たんぱく質のこと)
→豚肉、ししゃも、牛乳

3.「からだのちょうしをととのえる」(無機質やビタミンのこと)
→もやし、ほうれん草、しらたき、にんじん、たまねぎ

・・・だった気がします。間違っていたらツッコんでください。笑

人材開発カテゴリの最新記事