【書評】「ビジネス・プロフェッショナル -『プロ』として生きるための10話」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネス・プロフェッショナル -『プロ』として生きるための10話」を読みました。

本書は「ビジネス・プロフェッショナル(企業内プロフェッショナル)」という新しい働き方について、その背景、プロという言葉の定義、どうやったらプロになれるかについて、とても分かりやすく書かれた本です。

背景としては、ヒトが増えない・モノが売れない時代、新しい価値創造のために、企業に勤める人にも「プロフェッショナル」が求められるようになったとのことで、実際、僕の勤める会社でも「社内プロ」を定義した人事制度が導入されています。

一方で、「プロ」という言葉をどう定義するかという課題が発生しがちですが、本書ではその要件として「長期間の教育・経験に基づく高い技術・専門知識」「職能集団への所属・仕事を自ら選択したという意識」「高い職業倫理」の三点だと明確に言語化しています。

また、「プロ」になるためには、「入門の壁」(仮決め・専門領域をいったん決める)、「決断の壁」(本決め・この道で一生やっていくと覚悟を持つ)、「自律の壁」(開花・オリジナリティを発揮する)の3つの壁を超える必要があるとのことで、こちらも周囲を見渡すと同様のステップを踏んで「社内プロ」として認められている人が複数名思い浮かび、納得度の高い内容になっていました。

人口減少・少子高齢化により新しい価値創造が求められています。また、終身雇用・年功序列といった日本型雇用システムが崩壊した今、ビジネスマン一人一人も新しい働き方が求められています。

この不確実で複雑な世の中にあって、コントロールすべきは自分自身になるんじゃないかと思います。誰もが「プロ」を目指し、人生を通して力強く仕事をし続ける。本書はそんなこれからの時代を照らす良書でした。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD