ミシュランに学ぶ”周辺を売る”ビジネスモデル

ミシュランに学ぶ”周辺を売る”ビジネスモデル

yjimage

「ミシュランの三ツ星」って、レストラン評価の世界的権威になっているけど、なぜタイヤメーカーのミシュランがそんなことしてるのか、という話でした。

ミシュランはタイヤメーカー。タイヤは車が売れなければ売上が伸びない。車を売るには車を使うメリットを知ってもらわなければ、ということで、1900年に車で行けるおいしいレストラン、楽しいレジャーのガイドブックを作ったのが始まりなんですって。

これを聞いて最近読んだ本に出てきた話を思い出しました。昔、高名な画家が言ったそうです。「あなたがもし親指を描きたかったら、親指を描こうとしてはいけません。親指の周囲の空間を描きなさい」

仕事とかも一緒かも。僕は営業をやってますが、自社商品を売ろうと思ったら、自社商品ではなく、それを使ったシーンを売り込まなくてはいけないから。

座右の書「アルケミスト」にある通り。「すべてはひとつ」。

仕事のヒントカテゴリの最新記事