人生は「両面(リャンメン)待ち」!常にスーパーポジティブでいる発想法

人生は「両面(リャンメン)待ち」!常にスーパーポジティブでいる発想法

a0780_000414

仕事がうまくいったり、いかなかったり。恋愛がうまくいったり、いかなかったり。家族とうまくやれたり、やれなかったり。いつだって僕らは結果を選ぶことはできない。良い結果を目指して努力することができるだけだ。

わかっていても結果に一喜一憂するのが人間だ。「うまくいったーいえーい!」と思ったり、「だめだーもう死ぬ―」と思ったり。まーいそがしい笑。

でも重要なことは、うまくいってもうまくいかなくても、どちらも楽しむことだと思う。結果がどちらに転んでもオッケーとするその作戦を僕は「両面(リャンメン)待ち」と呼んでいる。

 

両面(リャンメン)待ちとは

麻雀の基本は「両面待ち」といわれるように、両面で待つ形をつくっていくことで完成までのスピードが早くなるんじゃな。

ちなみに両面待ちとは

と持ってを待ったり、と持ってを待つような、両サイドの牌を待つような待ち方をいう。

初心者のための麻雀講座 より

別に麻雀好きじゃないけど、この「両面(リャンメン)待ち」って言葉が好きなだけだけど。厳密な意味では使い方がちょっとおかしい気もするけど。まあ、気にしない気にしない。

僕の心は常に両面待ち。うまくいっても、いかなくても、その先で起こることを良い経験として受け入れて、人生というエンターテインメントの題材ととらえて、スーパーポジティブに楽しんじゃう。

実際、振り返ってみても、その考え方が間違っていないことがたくさんある。

高校時代に軽い対人恐怖症みたいになってしまったけれど、その反動で大学時代に誰よりも友人を大切にし、協調性あるキャラクターを貫いたのち、社会人になってからも営業職を選ぶことで、コミュニケーションを一番の得意領域にすることができた。

苦手な仕事をやらざるを得なくなったけれど、それをなんとかやりきっている間に、自分の中に今までなかったスキルがたまっていき、かつ本当にやりたいこと、本当に得意なことをもっとしたいという思いが湧いてきて、実際時期が来ると好きで特異な仕事を手に入れることができた。

人生は両面待ち。そう考えておくことで、何が起こっても怖くない自分ができあがる。いや、むしろ何か困ったことが起こらないかなと、そっちの方向にワクワク感がいってしまうことがあるくらい、怖いもの知らずになってくる。

でもそれで正解なんだと思う。僕の座右の書「アルケミスト」にはこうある。

「ほとんどの人は、世界を恐ろしい場所だと思っています。そして、そう思うことによって、世界は本当に恐ろしい場所に変わってしまうのです」

そう、恐ろしいと思うから人生は恐ろしくなる。逆をいえば、何も恐ろしいことなんてないと思えば、楽しい人生が広がっている。

それでは、また。

ポジティブに生きる方法カテゴリの最新記事