【組織開発】「組織の7S」とはなにか(McKinsey 7S framework)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが皆さん、組織7Sを知っていますか。

経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した、組織開発組織の変革・課題解決)を考えるうえでのフレームワークのことです。

以下に詳細をまとめました。




組織7S」とは

「組織の7S」とは、

  1. 戦略(Strategy)
  2. 組織構造(Structure)
  3. システム(System)
  4. 人材(Staff)
  5. スタイル(Style)
  6. スキル(Skill)
  7. 共有価値(Shared Value)

のことで、組織とはこの7つの要素が密接に絡みあって構成されているものであるとしています。

戦略(Strategy)

  • 組織の事業方向性のこと
  • 競争優位性を維持するために優先して取り組むべきテーマ
  • 経営資源の配分を決める基準となるもの

組織構造(Structure)

  • 組織の形態や構造のこと
  • 組織のタテ・ヨコ・ナナメの階層や関係性がどうなっているか
  • 事業部制組織、職能別組織、マトリックス組織など

システム(System)

  • 組織の業務遂行上必要となる制度や仕組み、ルールのこと
  • 人事評価制度、報酬決定の仕組み、情報管理のルールなど
  • 日常の手続きや業務フローなどもここに含まれる

人材(Staff)

  • 組織にいる個人の数や質、傾向のこと
  • どのような人が何人いるか
  • どのように採用され、育成されているか
  • どのようなリーダーシップが取られているか

スタイル(Style)

  • 組織の文化や風土、雰囲気や暗黙のルールになっていること
  • 責任の所在やパワーバランス、人間関係やチームワークなど
  • 主体性の有無、変化への柔軟度、挑戦の度合いなど

スキル(Skill)

  • 組織としての業務レベル、業務遂行能力のこと
  • ビジネス上重要で競合優位性がある組織力のこと
  • 営業力、技術力、マーケティング力など

共有価値(Shared Value)

  • 組織にいる全員で共通認識を持つべき理念や価値観のこと
  • 組織の存在意義、出発点でありゴールにもなるもの
  • 組織のMVV(ミッション、ビジョン、バリュー)など

「ハードの3S」「ソフトの4S」とは

ハードの3S

  • 戦略(Strategy)、組織構造(Structure)、システム(System)の3つのこと
  • 仕組み的な要素であり、マネジメントの意志があれば比較的短期間で変えることが可能
  • ただし「ソフトの4S」の変革に繋がらない場合には、実行されない骨抜きの仕組みとなる可能性がある

ソフトの4S

  • 人材(Staff)、スタイル(Style)、スキル(Skill)、共有価値(Shared Value)の4つのこと
  • 人間的な要素であり、マネジメントの意志だけでは短期間に変えることは困難
  • ただし「ハードの3S」が整備されていない状態では、これらの人間的側面が効果的に発揮されない可能性がある

「組織の7S」取り組みの順番

「組織の7S」は組織マネジメント上重要であり、もっとも重要なことはこの「7S」がバランスよく揃っていることである点をお伝えしてきました。

とはいえ、常にすべてがバランスよく揃っている組織というのは非常にまれですし、もっと言えばすべてがバラバラな組織というのもかなりの割合で存在することも事実です。

それでは、どこからどんな順番に取り組んでいけばよいでしょうか。

これは組織の状態や事業フェーズによっても変わってくるかとは思いますが、ここでは一般的に以下の順に取り組んでいくことを提案したいと思います。

※赤字はその順番になる理由です。

  1. 共有価値 →理念・ビジョンを掲げる
  2. 戦略 →理念・ビジョンを実現する戦略を描く
  3. 組織構造 →戦略に合わせた組織を作る
  4. システム →組織運営上のルールを作る
  5. 人材 →戦略を実行する人を集め、育てる
  6. スタイル →集めた人の関係性を作る
  7. スキル →人と関係性を組織力に変える
  8. 共有価値 →1~7の繰り返しで理念・ビジョンが強化される

いかがでしょうか。

「組織の7S」のそれぞれがいまどういう状態にあるか。いま取り組むべき要素はどこになるか。

組織マネジメント上の課題を考えていくためのヒントになれば幸いです。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD