スノーボーダーに落ち着いた人が多い理由

スノーボーダーに落ち着いた人が多い理由

094

いやーいよいよ開幕しましたね、ソチオリンピック。開会式も思った以上に盛り上がりました。(写真のキャラたちは妙にリアルでビミョーでしたがw)

今日はスノーボード スロープスタイルで角野友基(かどのゆうき)選手が、惜しくもメダルは逃したものの、決勝まで湧かせてくれました。このあとに続く他の選手に勢いをつけてくれたと思います。

127

 

冬のプロペラが 空高く舞い上がる
思わず転んで 息を飲み見上げた
止まり振り向いて ゴーグルを脱ぎ捨てた
笑顔眩しくて 胸がときめいてる 胸がときめいてる

-GIRL NEXT DOOR「Winter Game~冬のプロペラ」

126

しかし、かっこいいですよね。スノーボード。今回初めて正式競技化されたスロープスタイル。この競技でしか味わえないカッコよさを見ることができました。

 

あらためて角野友基選手。スロープスタイルで健闘してくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=282fe728njY

 

そして平野歩夢(ひらのあゆむ)選手。ハーフパイプでのメダルが期待されます。

こうした日本の若い選手が出てくるとオリンピックも盛り上がっちゃいますよね。

 

それにしても彼らを見ていて思ったんですが、スノーボードという競技のワイルドさに比べて、ノンビリというかおっとりというか、なんだか落ち着いている選手が多い気がしました。なんででしょうね。

たとえば懐かしのこの人も・・・

正直すぎる発言で物議を醸しだしたりしたものの、本人はいたってのんびりした人でしたよね。

 

なんでしょうか、そういうタイプの方が恐怖をはねのけて(というかそもそも感じずに!?)、ジャンプやメイクなどのギリギリの挑戦をし続けられるんでしょうか。それともそういう雰囲気を漂わせること自体がカッコいいというか、スノーボーダーの間の暗黙のファッションになっていたりするんでしょうか。

ちなみに僕の担当サービスのマネージャーもスノーボーダーです。落ち着いて堂々としていて、テンパったりしない。やっぱり恐怖への耐性がある人です。

その一方で僕はまったくそういうタイプじゃないので、こんな記事を書きながら「だからスノーボード上達しないまま放り投げたのかぁ」と妙に納得したりしてw

それでは、また。

人から学ぶカテゴリの最新記事