AKB総選挙選抜メンバーのスピーチに学ぶ「自分をハック」する技術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKBのことぶっちゃけそんなに知らない。普段さほど興味もない。ただこのイベントだけは一応チェックしちゃう。その程度の男が世の中のトレンドに流されるように本件を記事にしてみました。




「AKB48 37thシングル選抜総選挙」最終順位

()は昨年順位

1位 渡辺麻友 159854票 AKB48(2)
2位 指原莉乃 141954票 HKT48(1)
3位 柏木由紀 104364票 AKB48/NMB48(4)
4位 松井珠理奈 90910票 SKE48/AKB48(6)
5位 松井玲奈 69790票 SKE48/乃木坂46(7)
6位 山本彩 67916票 NMB48/AKB48(14)
7位 島崎遥香 67591票 AKB48(12)
8位 小嶋陽菜 62899票 AKB48(9)
9位 高橋みなみ 57388票 AKB48(8)
10位 須田亜香里 48182票 SKE48(16)
11位 宮脇咲良 45538票 HKT48/AKB48(26)
12位 宮澤佐江 44749票 SNH48/SKE48(10)
13位 横山由依 40232票 AKB48(13)
14位 生駒里奈 40089票 乃木坂46/AKB48(初)
15位 柴田阿弥 39264票 SKE48(17)
16位 川栄李奈 39120票 AKB48(25)

AKB48まとめんばーより引用させていただきました。

なるほど~!・・ってこれを見ても、さほど感想が思い浮かばないほどにシロウトです。SKE、NMB、HKTの躍進が目立ったという感じでしょうか。すみません、言ってみただけです。

そんなこと(?)より、太字にした4人のスピーチがなんとも「じぶんハック」だったので、一部抜粋のうえ感想を添えてみました。

選抜メンバーのスピーチに学ぶ「自分ハック」する技術

※スピーチ内容はモデルプレスより引用させていただきました。

9位 高橋みなみ(57388票・AKB48チームA)

069

総選挙はメンバー1人1人の通信簿です。去年までそう思っていました。でも今年気づいたことがあります。この総選挙の票数こそがAKB全体の通信簿だということです。(中略)「努力は必ず報われる」!信じた努力は必ず報われると思っています。それを人生をもって証明します。ありがとうございました!

自分のことよりもプロジェクト全体を思う視座の高さ、努力を口にするだけでなく人生を通して体現しようとする主体性の強さ。これこそがこの人のパワーの源なんだろうなと思いました。さすがはグループ総監督!(・・という役職があることも今日知ったくらいにはシロウトです)

7位 島崎遥香(67591票・AKB48チームA)

071

塩対応って言われ続けてて、なのにこんなにすごい順位をいただけて、逆に今誇りを持ちました。なんか握手会頑張ってみた時期もあったんですけど、やっぱり無理で、でも私のファンの人は私を笑わそうと負けじと握手会に来てくれて。私のファンの人は誰のファンよりも心が広くて優しいファンだなと思っています。

自身の苦手なところをキャラクターに昇華して強みに変え、それを受け入れてくれるファンへの感謝を伝えながら今後もこれで行きます宣言をする心意気が素晴らしい。これからも塩対応のぱるるでいてね!(って「塩対応」も「ぱるる」もそういえばそんな単語をどこかで聞いたな~というくらいにはシロウトです)

2位 指原莉乃(141954票・HKT48チームH)

076

「こんなのが1位なんて、AKBおかしいんじゃないの?」って言ってたんですよ。私すごく悔しかったんですね。「こんなのが1位ならAKB簡単じゃん。私だってAKBに入って楽な人生送りたい」って言ってたんですよ。それがすごく悔しくて。今その人がテレビを見ていたら言いたいです。AKBはそんなに簡単な場所じゃないです。

自分のことをdisられて憤りを感じている風な導入でしたが、実はAKBという自分たちの戦場を舐められたことに対する憤りだったようで。自分の戦っている戦場のレベルこそが自分の価値を決めるという「なるほどたしかにそうだよな」的な気づきがありました。さすがHKTの劇場支配人!(・・という役職が自信がなかったのでWikipediaで調べてから書くくらいにはシロウトです)

1位 渡辺麻友(159854票・AKB48チームB)

079

これからはたくさん今いる後輩たちが私の背中を見て、ついていきたいと強く思ってくれるようなそんなメンバーになりたいと思います。そしてこれからは先輩の背中を見上げるのではなく、AKB48グループの未来を見上げながら、そして初心を忘れずに、感謝の気持ちを胸に、前へと進んでいきたいと思います。

見上げるものは「チームとしての未来」ということで、高橋みなみグループ総監督(でしたっけ?)と同等の視座を持とうという心意気を感じる名スピーチでした。追いかける側から追いかけられる側に回ったことを、是非次の37thシングルで表現してください!(ここ間違って「ラブラドール・レトリバー」で、と書きそうになったくらいにはシロウトです、「ラブラ~」は36thなんですね)

AKBはとっても「自己啓発的」なアイドルグループだ

ここまで読んでいただいた皆さんには僕がいかにAKBのことを知らないかがおわかり頂いていると思います。

そんな体たらくでも記事が書きたくなったのは何故かと考えてみたんですが、きっと彼女たちのAKBに取り組む心意気がなんとも「自己啓発的」で、僕が大好きなアプローチだからなんですね。

彼女たちの姿勢には「主体性を発揮する」「目的をもって始める」「相乗効果を発揮する」など、「7つの習慣」にも通じる自己啓発アプローチの数々が散りばめられています。そしてその姿勢が端的に表れる場所が総選挙のスピーチなのかなと。だから観ちゃうのかなと。

いやーほんと素晴らしく自分をハックしている人たちだなー思います。アラフォーのオジサンも本気で勉強になりました。

関係ないけど柏木由紀がかわいい

あと、今回の総選挙で気づいたこと、それは柏木由紀の魅力でした。いや―この人かわいいですね。今まで全然気づかなかったなー元々ファンだった皆さん、今さらごめんなさい。この人かわいい。

082

スピーチのラスト「来年もがんばりまーす!」のこの斜め具合。やられました。

080

挨拶とかもしっかりしていて「いい子」感がすごい。チキショー。(何が?)

084

去り際の姿すら美しい。人としての確かな品位みたいなものが備わっているなと思いました。(と、まったく品位がない男が評するのもおこがましい話ですが)

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD