【リユース】 不要になった 「レゴブロック」 を寄付してみたよ。

【リユース】 不要になった 「レゴブロック」 を寄付してみたよ。

★このブログ自分ハックについて( ⇒ 初めてお越しの方へ

不要になったレゴブロックを寄付することにした

以前、実家から持って来たレゴブロックの話。

自分が子どもの頃使っていたものを、自宅に持ちかえって頑張って風呂で洗ったりしてみたのですが、結局あまり使うことはなく、捨てるのもなんなので寄付することにしました。

レゴ 寄付」で検索すると、いろいろ出てきます。

中には「ゴミみたいなの送られても困るので、ちゃんと洗ったうえで写真を送ってください、こちらがOKを出したら実物を送ってください」みたいなところもあって、意外と面倒くさいな、と。

と思ったら良さげなところを見つけました。

再生おもちゃ倶楽部」さん(茨城県土浦市)です。

ボランティア団体が運営しているようで、ショッピングモールなどで定期的に子ども向けの体験型アトラクションを実施しており、そこで使うおもちゃを寄付で集めているようです。

活動内容に賛同できたことと、「洗浄不要・段ボールのまま送付可」という点がありがたかったので、こちらにお譲りすることにしました。

※レゴブロック、プラレール、仮面ライダーベルトに特化して集めているので、これが可能なんだと思います。とても合理的な運営スタイルです。

 

さっそく「再生おもちゃ倶楽部」さんに送ってみた

送付先はこちらです。 ※おもちゃの寄付募集ページ より

〒300-0816 茨城県土浦市永国東町7-13
再生おもちゃ倶楽部 事務局
E-Mail info@ecotc.asia

もともとお風呂で洗った後は、段ボールに入れたままだったので発送の準備は楽ちんポンでした。

036

最後のお別れをします。こいつ、お気に入りだったな。イベント会場の子どもたちと仲良くやるんだよ・・。(トイ・ストーリー的な)

076

デカデカと「まんが本」と書いてありますが、中身はレゴブロック。

近くのファミリーマートに持ち込みます。送るだけだからコンビニでいいんですね。

ガムテープを借りて梱包を完了し、送り状を書きます。(宛先に電話番号がなかったので無記入にしましたが問題なく送れるとのことでした)

レジで会計をしてもらいます。

131

宅急便代は1,088円でした。

これで初めてのレゴブロック寄付体験は完了です。

とっても簡単でした。

 

これからも「リユース」:地球の一員だと感じるために

「リユース」という言葉を聞くようになりました。「再使用する(そのままの形体でもう一度使う)こと」という意味です。

「リサイクル」(製品を粉砕するなどして原材料化し、再生利用すること)と並び、エコ的な活動として近年注目を集めています。

今回の寄付もそうですし、廃品回収や不用品のバザー(フリーマーケット)、知人同士の「お下がり」の文化なんかも、この「リユース」にあたります。

ネットオークションの「ヤフオク!」も「リユース」というテーマを前面に打ち出していたりします。

エコ、エコと言われるようになって久しいですが、自分自身が意識して取り組み始めたのは実はつい最近だったりします。余計なものはなるべく買わない、持たないように心がけて、不要になったものは捨てるのではなく、なるべく売ったり譲ったりようにする。

実際に取り組み始めてみると、本当に気持ちいいもので、自然に「あ、俺、この地球(ほし)の一員としてほんの少しだけど役目を果たそうとしている」という気になってきます。「循環型社会」への貢献っちゅうやつでしょうか。

すべてはひとつ」なんだな、と。そんなことを思います。

僕が少しでも地球のためにできることをすることで、誰かが喜び、未来の地球が喜び、次の世代が喜ぶ。

そんな「リユース」を、これからも率先してやっていきたいと思います!!

 

・・ん?

なんか「レゴ 買い取り」で調べたら、買い取ってくれるところも結構あるみたいだぞ。

ちきしょー売れないと思って寄付したのに、いけたのかよー損したよー!(ゲスの極み)

 

それでは、また。

 

 

生活のヒントカテゴリの最新記事