【映画】「るろうに剣心」から学ぶ「邦画が頑張る方向性」

【映画】「るろうに剣心」から学ぶ「邦画が頑張る方向性」

T0010720q

劇場版「るろうに剣心」

★★☆☆☆

  • 蒼井優の魅力が全然引き出されていなかった(他全部を差し置いてダントツで腹が立ったポイント)
  • 佐藤健のさわやかさはズルい、けどハマリ役だと思った(原作知らんけどw)
  • 香川照之は竹中直人がよくやる漫画チックな悪役で、実際見間違うほど二人は似てると思った
  • 重厚なキャスティング、を活かせない脚本
  • ワイヤーアクションはまあまあ、でもカタルシスまでいかない
  • 一番楽しみにしていた、ラストの佐藤健のアップ→ONE OK ROCK「The Beginning」の流れがTV版は適当な処理がされていて残念だった(エンドロールは簡易版、曲の一部しか再生しないなど) ※そういえばTV放映時ってエンドロール基本つかないけど何か理由あるのかな、ググレカスかな

 

「あずみ」同様、出来は悪くてもこういう映画は好き、もっと出来が良くなればハリウッドに伍せるカテゴリだと思う、でもほぼ永遠に出来が良くなることはないと思う、つまり永遠にハリウッドに伍せるようにはならないと思う(ちょっと何を言ってるのかよくわからない)

 

それでは、また。

映画から学ぶカテゴリの最新記事