創作意欲を刺激する文房具店、オフィスベンダー川口店

創作意欲を刺激する文房具店、オフィスベンダー川口店

地元の大きな文房具屋を探してみた

アートな活動を本格化したい。このブログもアーティスティックな場にしたい。

そんな思いに駆られて、大きな文房具屋さんに行くことにしました。

東急ハンズとかLOFTとかに行けばいろいろあるのは知っているけれど、いかんせん近くに店舗がないのと、

できれば地元埼玉のいいお店があれば行きたいなーという思いでヤホーで検索。

埼玉県 文房具屋」で調べると、検索上位にはお馴染みのYahoo!知恵袋のQ&Aが。

————————————————–

「埼玉県内で一番大きい文房具屋さんがどこにあるか、ご存じないですか?知っていたら、教えてください!」

「売り場面積で大きいのは、さいたま市か川口市にあるオフィスベンダーではないでしょうか。 http://www.office-vender.com/shop/

————————————————–

という若干ステマくさいやりとりに怪しさを感じつつもホームページを見てみると、なるほどたしかになかなか良さそう。

騙されたと思って行ってみることにしました。

 

オフィスベンダー川口店に行ってみた

IMG_1762

ホームページの住所を目指して車を走らせていると、大きい看板が見えてくる。

文具を抱えた事務服を着た女性のイラストがなんだか異様に勇ましい。

世界と対峙しているかのような威風漂うビジュアルに、期待が湧いてきます。「これはもしかしたら、やるかもしれないな」と。

 

IMG_1809

 

駐車場は10台以上が余裕で止められるスペース。郊外型はこういうところがいいですね。

IMG_1767

店内はこんな感じ。陳列はオーソドックスだけど、とにかく広い。つまり品揃えが豊富であることがわかります。

 

定番商品の品揃えが充実しまくっている

大きいお店のいいところ、それは定番商品の品揃えが豊富なことです。

IMG_1765

ご存知認印コーナー。

僕の苗字は漢字そのものは難しくないですが、わりと珍しいので品揃えが普通のお店ではそうそうお目に掛かれませんが、ここではしっかり定番として並んでました。

人は皆、自分の名前に重要感を感じているので、こういうところでお店を好きになっちゃったりしますよね。

 

IMG_1769

やたらめったら大きいのりがあったり、

IMG_1780

マルだけでなく地味に初めて見る矢印タイプのシールがあったり、

IMG_1789

IMG_1790

ぬり絵やら、自由帳やらはラック1台分あったり、(娘は大興奮、ぬり絵を1つご購入)

IMG_1788

マッキーの色がこんなにあったことを知ったり、

IMG_1785

愛用しているJETSTREAMに4色タイプがあることを知りました。

定番商品も品揃えが豊富なだけで、探す楽しさが全然違いますし、幅広い選択肢から選んだという実感が買い物の満足感を高めてくれます。

 

新商品も取り揃えまくっていて、新しい発見がいっぱい

大きいお店のもう一つの利点は、新商品の提案が充実していることです。

例えば・・

 

IMG_1770

 

話題の刃がカーブになっていてすごい切れるハサミの最新バージョンとか、

IMG_1793

新素材のよく消えるホワイトボードマーカー消し(僕大興奮で1つご購入)

IMG_1764

貼るとミッキーのシルエットになるセロテープとか、

IMG_1771

IMG_1772

見たことないかわいいキャラクターボールペン、

IMG_1782

入れた分だけ厚みを増していくポストカードホルダーなどアイデア商品的なものがありました。

インターネットの買い物では実現しない、こうしたセレンディピティな出会いこそ、大きなリアル店舗の最大の強みだなと思いました。

 

こんなものも置いていた

大型店舗ならではということでは、

IMG_1778

身体にフィットするデスク用のイスや、

IMG_1783

シュレッダーなんかも置いてました。うーん、こういう家具屋さん、家電屋さんとカニバる領域も手を抜かないところが素晴らしいですね。

 

結局、今回は実際に必要なことがわかっているものしか買わなかったですが、すごい楽しい時間を過ごせました。

お店にいる間中、心がザワザワしていたので、きっと自分の中の創造性が刺激されまくっていたんだと思います。

 

余談ですが2,000円以上買い物をすると、小学生のお子様は消しゴムガチャガチャなるものを引かせてもらえます。

IMG_1804

IMG_1806

うちの娘(2歳)も引かせてもらって、ハサミの消しゴムをもらえました。かわいい。

 

創作意欲が湧いてきたら、大きい文房具屋さんに行こう

今回の僕のように、創作意欲がふつふつと湧いてきたら、きっとアートなタイミング。

大きい文房具屋さんに行って、解放の方法を模索してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、また。

生活のヒントカテゴリの最新記事