【映画】「ベイマックス」予告動画から学ぶ「ディズニーへの期待感」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「ベイマックス」の予告動画の感想です。

baymax

「アナと雪の女王」に続きディズニー映画の情報が届いていますね。

「ベイマックス」という作品みたいです。こちらが予告動画。

主人公の少年のもとに、亡くなった兄からのプレゼントのロボットが届きます。そのロボットの名前が「ベイマックス」。

動画を観るかぎりでは、このロボットはケアロボットということで、人間の心と体を癒すための存在のようです。

戦ったりなんだりはできなさそうですが、実は隠された本当の使命が託されていて、そこが物語のメインテーマになっている感じです。

動画は「優しさで世界を救えるか?」というキャッチコピーで締めくくられています。きっと優しさとか愛でしか世の中は救えないのでしょう。そういうストーリーになることでしょう。(最近、KANの「愛は勝つ」をひさしぶりに聴いて同じようなことを考えました)

そしてディズニーのいつものパターンだなとか思いながらも、きっとしっかり感動してしまうのでしょう。

ぶっちゃけ動画を観た段階で「すげー面白そう!」とは思わなかったですが、そこはディズニーということで、公開されるやいなや話題をかっさらっていくんでしょうね。

(「アナ雪」のときもまったく期待してなかったら大評判になっていたもんです)

公開は12/20(土)。クリスマスの時期なのでデートとかで観に行く人も多そうですね。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD