何事にも「始まり」と「終わり」がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-earth-globe-universe-space-planet_121-11009

何かが始まったとき 同時に終わりも始まっている。 生まれたときには 死が始まっているし、誰かと出会ったときには 別れが始まっている。そういうものだ。

そのことを思うと、すべてのものが儚く感じられる。そして、なんだかホッとしたりもする。今日の世界と明日の世界は似ているようで、まったく違う世界であることにちょっとした感動も覚える。

宇宙の万物が無常であり、その中で自分もまた無常。変わっていくことはいけないことでなく、それもまた神様が定めた摂理の中での出来事だと感じられる。

誰かと出会うということは、いつか別れるということ。だとしても、僕らはいつでも誰かに出会おうとする。連綿と続いていく生命のサイクルの中で、瞬間の邂逅を輝かしいものにするために。お互いの心の中に生まれる瞬間の感動を共有するために。

じゃ、合コンに行って来ます。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD