いや、そんな頑張らんでもええやん。

いや、そんな頑張らんでもええやん。

wm229049tt

今日美容院に行ってきました。僕はお洒落な男なので、床屋じゃなく美容院に行くのです。(ほんとにお洒落な男はそんなこと言わない)

店に行くと、店内の雰囲気、メニューの価格設定、美容師さんの人柄などから瞬時に計算し、以下3つのどれかでオーダーするのが常です。

①切り過ぎない程度に、こざっぱりと。(どっちやねん)
②サラリーマンの範囲ギリギリで、オシャレに。(何を目指しとんねん)
③お姉さんが好きなカットで。(ただのセクハラやん)

そんな楽しみのひとつ、美容院であるわけですが、今日は方々電話しても予約でいっぱい。仕方なく、街をぷらぷらしながら探してみると、ありましたありました。

「カット1,575円」

おほー安い。看板を見ると「日本一の売上」って書いてある。有名なチェーンみたい。でも家電量販店じゃないんだから、売上日本一って別にお客さんに関係ないよ・・・?

なんてボヤキながらも入店。入るなり、「いらっしゃいませ~。こちらのシャンプー台どうぞ」とさっそく流れ作業っぽい始まり方。

へいへい。ま、単価のやっすい客ですからね。ベルトコンベアに乗った「モノ」と化して従いますよ。。。髪バシャバシャに塗らされて、ぼたぼた垂れる状態でカット台に。出てきたのは同い年くらいの男性美容師さん。

状況が状況なので、今日は①でオーダーするしかない。

カットが始まると、昨日の寝不足に加えて、美容師さんにも興味がわかない(男性だから)ということで1分と経たずにグーグー寝はじめる。

グーグー
グーグー
グーグー

ハッと起きると40分以上が経過。漫画みたいにとんでもない髪型になって・・・はいませんでした。というか、むしろ巧い。ふうー安心安心。

しかし、何かがおかしい。そう。よく考えると時間かかり過ぎ。普通、こういう店は安い代わりに回転を良くしなければならないはずなのに、このままだと僕一人に1時間もかけることになる。

なんでだろうと思っていると、この兄ちゃん、仕事がめちゃめちゃ丁寧。はっきり言って、どう見てももう完成形なのに細かいところを切ってるんだか切ってないんだか分からないくらいチョキチョキしてる。

50分経過したところで、一旦手を休めたので、お、やっと終わりか・・・と思ったら、

「前髪・・・これじゃ長いですよね」って言い出したので、「えっ・・・そうかな・・・?まぁでもこれくらいで・・・」って僕が最後まで言うのも待たず、別のハサミ持ってきてまたしても切ってるんだか切ってないんだか分からないくらいチョキチョキ・・・。鏡に写る表情はまさに職人のそれだ。

やっと納得したのか、後頭部確認用の鏡を持ってきて「これでよろしいでしょうか」って言うので、「はい。いいですよ。」と答える(っていうかずっと前からよかったけど)。兄ちゃんが首のタオルを取る。ふう終わった。

と思ったら、タオルを取って見えた「うなじ」部分のぬかりがお気に召さなかったようで、またしてもチョキチョキ・・・もう!そんな頑張らなんでもえーやん!

とまあ文句ばかり書いてはみたものの、なんだかんだ言っても、自分の仕事に手を抜かない姿勢は見ていてとても清清しかったのも事実。会計で1,575円を支払った時、すごく得した気がしました。

逆の立場だったら自分は1,575円のお客さんに同じ位頑張れるだろうか・・・。たぶん無理だ。

職人兄ちゃんへのリスペクトを込めて、記事にさせて頂きました。ありがとう。

日常を楽しむ方法カテゴリの最新記事