【アルケミスト】「前兆」とは何か(Omens)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pexels-photo-54566-medium

「前兆」は、ベストセラー小説「アルケミスト」に頻出するキーワードです。

前兆に気がつくようになるのだよ。そして、それに従って行きなさい。

‐「アルケミスト

主人公である羊飼いのサンチャゴが、物語の序盤で年老いた王様に言われた言葉です。

本作における「前兆」とは、運命を実現するために正しい行動や判断が求められる場面で、そのヒントとなる出来事のことです。

物語の中では、なぜかうまくいったこと、人との出会い、人の言葉、たまたま目にした動物や植物の動きなど、あらゆることが「前兆」としての役割を担っています。

この本を読んで自分自身、アンテナを張るようにしてからは、実際にいくつもの「前兆」を体感するようになりましたし、実際それに従って行動をすることで人生に少なからぬ影響がありました。

「前兆」は、英語の原文では「Omens」となっているようです。

“Never stop dreaming,” the old king had said. “Follow the omens.”

‐「The Alchemist」

個人的にはホラー映画を思い出してしまうので「Signs」の方がニュアンス的にしっくり来ます。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD