<食レポ>「深生そば」(箱根芦ノ湖・人気ランチ・子連れ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

033

箱根旅行で芦ノ湖ランチ。

お店もいろいろあって迷います。

今回は奥さんの希望もあって「深生そば」に決定。

湖畔の遊覧船乗り場すぐそばです。そばだけに。

日曜日のお昼12:30くらいだったこともあり満席状態。

・・と思ったらちょうど座敷席が空いてラッキー、という感じでした。

6人席にお二人座っていたところに我が家4人が相席しました。

043

座敷席はこんな感じ。結構席数がありました。(18席くらい?)

子連れ(特に赤ん坊連れ)にはありがたいですね~。

034

メニューはこんな感じ。人気と立地を考えると高くない印象。

注文を決めて「すみませーん」と呼ぶと、近くにいたおばちゃんが「はーい」とすぐ来てくれます。

「僕は温かい天ぷらそばを」とオーダーすると、

「天ぷら1時間待ち。遊覧船降りて来る30人分の予約が入ってるから」とぶっきらぼうに答えます。

「じゃ・・じゃあ、鴨せいろ・・温かいやつ」

「温かいのは鴨南ばん」ときっぱり。

「は・・はい」

次は奥さんの番。

「とろろせいろ」とまずは娘の分をオーダーすると、

「今は自然薯がおすすめ。天然よ、天然天然」

「じゃ・・じゃあ、それで」

自分の分で「ごまだれ」の冷たいうどんもオーダーして注文終了。

なんだか終始おばちゃんのペースでした。

ぶっきらぼうなのに、どこか温かみがある。

結構お年をめされていたけど、大変カクシャクとしていらっしゃる方でした。

038

あちこちの壁に「限定 箱根産自然薯」のフダが。

ほんとに名物みたいですね。

035

こちらが「限定 箱根自然薯そば」

娘のでしたが、ちょっともらうと天然のとろろの濃厚なお味がしました。

あと、当たり前だけどそばが美味いですね。

冷たいのでコシもあります。

041

「鴨南ばん」。鴨肉がたまらん歯ごたえでした。

温かいので柔らか麺でしたが、こちらもそばが美味い。

このお店は「あたり」ですね。

036

こちらは「ごまだれ」

うどんはつるつるして美味しかったけど・・ここはやっぱりそば屋。

そばの方に軍配が上がる感じでした。

037

あと細かいところですが、割り箸が高級感ありました。

写真じゃ分かりづらいですが、手触りがつるつるして気持ちいい。

おそばも美味しかったけれど、こういうところにもしっかりしたお店なんだなという印象を受けました。

両親、義理の両親と一緒に来たらまた寄りたいお店でした。

おすすめでございます。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD