【名曲】さだまさしの「October ~リリー・カサブランカ~」を10月になると思い出す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当ブログ(自分ハック)に 初めてお越しの方へ

bench-forest-trees-path-medium

気がつけばもう10月も半ばですね。秋ですね。

個人的に秋って大好きです。

なんか皆がはしゃぎまくってアホになる夏と、皆が縮こまって真面目になる冬にはさまれたニュートラルな季節というか。

誰もが自然体でいられる貴重な時期な気がするんですよね。ただのイメージですが。

そんな秋。

特に10月になると毎年決まって思い出すことがあります。

さだまさしさんの名曲「October ~リリー・カサブランカ~」です。

ご存じない方のためにYou Tube貼っておきます。

なんかクリエイターの人が曲に合わせてアニメを作成した動画のようです。

曲の雰囲気をよく表していて素晴らしいですね。

いい曲ですよね。

秋の物静かな日常のなか、忘れられない昔の恋を思い出す。

今日 君の誕生日 ふと思い出した
元気でいますか しあわせですか

そういえば今日あの人の誕生日だったなと。

ほんとふとしたことで昔のことって思い出しますよね。

(僕は正直、昔付き合った人の誕生日なんて全部忘れちゃってますが・・)

10月 午后の陽射し 愛はたおやかに
時計廻りに過ぎて もう 気が違う程に
遠ざかった その風景は色あせない

サビの出だしが「10月」なので、思わず10月の間は口ずさんでしまうんでしょうね。

静かな曲なのに「気が違う程に」みたいに激しい歌詞が入っている感じがいいですね。

今でも愛している 苦しい程
想う夜更けもあるけれど
君のしあわせ 祈っている
そう言ったら きれいごとだろうか

まあ、きれいごとだとは思います。

でもそんな風にいろいろ言い訳しながら、いつまでも昔付き合った人のことを考えちゃうのって男のリアルなんじゃないかなと。

そこらへんのことは田辺マモルさんの「プレイボーイのうた」にも通じるところですね。

【名曲】田辺マモル「プレイボーイのうた」が男の本音をぶっちゃけすぎ

でも、なんでしょう。

この歌から受ける印象って、ただ今が満足していなくて昔のことを思い出しちゃうって感じでもないんですよね。

今は今で穏やかな毎日を送っている。十分幸せだ。

それでもなお、思いを馳せてしまうことがあって、その1つが過去の思い出なんだと。

人間って手に入らないものに目が行き易くて、過去はその代表みたいなところがあるんでしょうね。

そこらへんも含めて、なんだかリアルに迫ってくる歌詞とメロディがこの曲を名曲たらしめているのかなと。

それでは、また。

あ、そういえば。

その他のさだまさしさんの隠れた名曲はこちらでも紹介してます。

【必聴】 あなたの知らない、さだまさし。 (隠れた名曲ベスト10)

Octoberも入ってますねw

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD