今さらながら大塚愛の 「Cherish」 が名曲すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今さらながら名曲シリーズ。今回は大塚愛の「Cherish」についての記事です。




大塚愛の名曲「Cherish」を知ってますか

大塚愛の「Cherish」、こんな曲です。

「Cherish」とは「大切にする」という意味の英単語ですが、もっと直接的に「好き、愛している」という風にも使われます。

アルバム「LOVE COOK」の中の1曲で、シングルにはなっていないもののCMタイアップされたり、ベストアルバムに入っていたりします。

初めて聴いたときから好きになってしまった曲で、なぜ好きなのかいつか記事に書きたいなーと思っていました。

出色なのは突如はさまれる「Cメロ」

もちろん曲全体がとても素晴らしいのですが、特に1番と2番の間にはさまれる「Cメロ」がすごいです。

愛情は なんてこわいもの
だから 逃げたり 求める
大人だとか 子どもだとか もう関係ないよ

歌詞もメロディも本作のメインどころなのですが、突如曲のど真ん中に差し込まれる意外性も素晴らしいのです。

メロディ的には「愛情はなんてこわいも」でいったん切れて、「・・のだから逃げたり求めるー」と繋がっていく感じとか、「もーう関係なーーーーーーーーいよー」と長回しのエフェクトがかかった声がリアルな音質に落ちてくるところとかがたまらなく好きですね。

この曲のこの部分だけ神懸かっているというか、悪魔的というか、宇宙からのメッセージというか、とにかくこの世のものと思われない世界観を感じます。

ちゃんと本人作詞・作曲

作詞・作曲のクレジットは「愛」。つまり本人です。シンガーソングライターの面目躍如ですね。こういう神懸かり的に素晴らしい曲ってときどき出会います。というかときどきしか出会えません。

小沢健二とスチャダラパーの「今夜はブギーバック」とか、THE YELLOW MONKEYの「聖なる海とサンシャイン」とかもちょっと異世界を感じる名曲です。

共通するのはいつもは明るめなイメージのアーティストが、ダークな雰囲気を押し出しているところでしょうか。

大塚愛、いま何しているんだろうな~と思って「大塚愛 近況」と検索をかけると「バンドを結成したけど話題になっていない」とか「顔が変わっちゃった」とか「旦那が不倫した」とかいろいろ書かれてますが、大きなお世話ですよね。

アーティストとしてこんな名曲も作れたことだし、もうご結婚もされてお子さんもいらっしゃるということですし、ここからはぜひ普通に幸せになって欲しいなと思います。

って、それこそ大きなお世話か。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD