今さらながら横山輝一(Kiichi-Yo)の「Lovin’ You」が名曲すぎる(現在情報も)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mzi.pzagyszj.170x170-75

(C) POLYSTAR Co.,Ltd.




横山輝一がヘビーローテーション

いっとき夢中になったのに、すっかり忘れてしまっている。でも心だけはしかと憶えている。

何かのきっかけでまた聴くことになり、時間が経ったことを忘れるくらい「あの頃」の気持ちを呼び覚ます。

そんな名曲って誰にでもありますよね。

僕にとって、それは横山輝一の「Lovin’ You」でした。

YouTubeでたまたま見つけて聴いてしまったが最後、頭の中でネバーエンディングヘビーローテーションが始まりました。

横山輝一「Lovin’ You」

まあ、何も言わず聴いてください。損はないですから。

いかがですか!?

ファッションとかダンスとかビジュアルとかはさておき(失礼)、なんて美しい歌声でしょう!素晴らしい!!

簡単に歌っていますが、実際はとても歌いづらい歌です。自分で歌ってみるとわかります。

当時17歳だった僕は何度この歌に挑戦しては敗れたことでしょう。

横山輝一またの名を「Kiichi-Yo」

横山輝一といっても今の若い人は知らないかもしれないですね。というか知らないですね。

1990年代前半に活躍した男性ソロアーティストで、ダンスチューンを伸びやかなヴォーカルで歌い上げていくつかのヒットソングを世に送り出した。中でも「Lovin’ You」は自身最大のヒット曲で、キャッチ―なメロディとテレビ番組のタイアップによって邦楽史にその名を刻むことになりました。

同曲を収録した「Kiichi-Yo」(このタイトルも良いよね!)も同様に大ヒット!冒頭の写真がそのジャケットでしたが、ピントがボケたKiichi-Yoがなんかやたらとかっこよかったのを憶えています。

今日、横山輝一のことを考えてるのなんて僕らくらい

でも残念ながら、その後はさほどヒットに恵まれず、静かに消えて行った印象です。

名は体を表すと言いますが、彼は「一」瞬だけ「輝」いたアーティストの代表格でした。でも、その一瞬の輝きはまさにピカイチ(輝一)だったと言えましょう。

2014年になった今日、彼のことをブログ記事で書いているのなんておそらく僕くらいなもの・・・

って思っていたら・・・いた!! (・_・;)

しおぽんさんの「MY DESTINY」

すごい!「横山輝一さんのこと」っていうカテゴリがある!しかも「日記」よりも上の扱い!

年数回のペースでLIVEも行ってらっしゃる!てゆーか、まだLIVEやってるのね、Kiichi-Yoは!

なんだかすみません!僕のこの記事読まれたら、しおぽんさん、きっと激怒するだろうな。

それでは、また。

スポンサーリンク
AD




AD




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD